なぜ急に眠くなる?眠気覚ましを試す前に知っておくべきこと

f:id:shikiyu:20170721221243p:plain

働いている最中に眠くなる、授業中に眠くなる、ご飯を食べた後に眠くなる・・・

日常様々なシーンで私たちは意外と眠気と戦ってきているのですが 特にどの人も体験しているであろう眠気は「授業中の眠気」なのではないでしょうか。

若いころに体験する謎の眠気の代表的なものですよね。

そんな眠気の原因なども含め、なぜ眠気がやってくるのか?

今回は病気以外の原因である眠気についてを解明しましょう。

 

 

◆授業中の眠気とは

授業中に眠くなる理由は様々あるかもしれません。

例えば前の日に夜更かしをしていた、日頃から寝不足だったなど そういった自分でもわかる原因というのではなく「いっぱい寝たのに眠い・・・」 という現象が起こることがあります。

私は毎回歴史の授業で激しい眠気と戦っていましたが、それは歴史が嫌いだったのもありますが 自然の現象で「理解できないものとの接触で自然と眠くなる」ということが起こるのです。

恐らく「興味がない」「好きじゃない」「面白くない」「難しい」 そんな科目こそ眠くなりますよね。

難しい本を読んでいる・難しい話をされている時に眠くなるというのがこれに当てはまります。

 

◆働いている時の急激な眠気

主にデスクワークの仕事をしている人に起こるのですが、パソコンや書類などを使用するため 目を使って疲れている場合があります。

実はこの目の疲れが長く続いてしまうと、本能的に脳が「目を休ませるために寝なさい」という信号を 送ってくるのです。

他にも職場の環境が影響する場合があります。

会議室など限られた空間にいると眠くなることがありますが それは室内の空気が薄くなることが原因です。

室内の二酸化炭素がある一定上昇すると 仕事の効率が低下することも分かっています。根本的に空気の入れ替えなどで解決が図れます。

 

◆車の運転中の眠気

運転中の眠気こそ恐ろしいものはありません。

しかし集中しなければならない運転中になぜ眠くなるのか、というと

  1. 車内の二酸化炭素が充満している
  2. 睡眠不足である

という2点が主な原因です。

特に冬場だと締め切った部屋で暖房をかけているので温かさと二酸化炭素の充満のダブルパンチです。

また、日頃から忙しく、夜勤をした帰りだったとかそういう場合にもやはり睡眠不足から 眠気が襲ってくることがあります。

 

◆食後の眠気

食事後の眠気と言うのは、体の自然な現象のひとつです。

食事を摂ることで消化器官に血液が集まることで脳の血流が減り、酸素が足りなくなると 眠気を感じてしまいます。

 

また消化器官の働きが優位であることは副交感神経が優位であることにつながり そのため眠気が襲ってくる要因となります。

また、食事で血糖値の上昇と下降が急に起こると眠気が引き起こされます。

特に血糖値を急激にあげるような食事などは特に眠気を起こしやすくなります。

 

炭水化物の多い食事などがそれに当たります。(ラーメンセットやハンバーガーセットなど)

 

◆まとめ

病気以外の眠気については自然な方法で解決できることが多く 原因が分かれば対処しようがありますね。 それ以外にも病的な眠気もありますが、一般的に眠気と戦う場合には 原因を突き止めればなんとかなりそうですね。 快適ライフを送るためにスッキリした状態で毎日を送れるように解決していきましょう。