知らないと取り返しのつかないことに...眠気覚ましドリンクの飲み方と種類

 

眠気との戦いは死活問題になることもあります。

やっぱり受験勉強や試験前の大詰め、仕事でどうしても片付けなければならないこと・・・

そんな時、睡眠不足で眠くて仕方ない、でも寝ちゃいけない!という時に 簡単に手を出せるのが眠気覚ましドリンク。

正直、毎日常用すべきものではありませんが、いざと言う時の味方にもなってくれます。

そんな眠気覚ましドリンクにはいったいどんなものがあるのでしょうか?

◆眠気覚ましドリンクに含まれる成分とは?

様々な成分がありますが、ビタミンBやCなんかはなんとなくわかるものの 見ても「なんの効果があるのかよくわからない」成分もありますよね。

カフェインも眠気覚ましには良いと聞いても、詳しく知らない人もいることでしょう。 多くの眠気覚ましドリンクに含まれる気になる成分にはいったいどんな効果があるのでしょうか。

・アルギニン

免疫力をあげるなど嬉しい効果もあり、スキンケアにも適しています。

また血流を改善する効果があり、血圧の調整などの働きも行います。

眠気覚ましにおいては、カフェインとの同時摂取で集中力UPの効果がありますが 常用してしまうと健康に害を及ぼす危険性があるので、同時摂取をする際には気を付ける必要があります。

・カフェイン

脳の働きを抑えて眠らせるアデンシンの影響を抑えて眠気を覚ます効果があります。 また交感神経を優位にさせて、疲れを一時的に感じなくさせる効果もあり眠気覚ましには適していますが 常用している人はカフェインの効きが悪くなったり、中毒性・依存性も認められています。

また気を付けなければならないのが摂取量です。

例えば60kgの人の致死量は12g。 急性症状が出るのが0.39gです。例えば強強打破は1本あたり150mgと 含有量は他に比べると多めですが、バカみたいに飲まなければ問題はないものの 普段飲みなれない人がいくつも飲むと、体調を悪くする場合があるので気を付けましょう。

具体的に目安として表すと、

アスパラギン酸

体の疲労回復に優れており、またスタミナもアップすることから 眠気を覚まして作業をしなければならない人にとってもありがたい成分です。

同時に鎮静作用もあるので、気持ちを落ち着かせる効果があるとされています。

シトルリン

アルギニンの生成をする成分で、血流をよくする働きがあります。 また成長ホルモンの分泌を促進し、代謝もよくするため、精力剤としても使われることがあります。

イノシトール

ビタミンB群の一種で、脂質の代謝を促進して血中コレステロールの低下などの効果があります。

血流促進や作業への集中力アップ、記憶力の低下を防ぐ働きがあります。

◆眠気覚ましドリンクには種類がある?

眠気覚ましドリンクと一口には言えず、大きく分けて3種類あります。

自分の今の状態に合わせて、最も適した商品のタイプを選ぶようにして下さい。

 

エナジードリンクタイプ

容量が190~500mlと比較的量が多いので、その分含まれているカフェインも多くなります。

夏場などの水分摂取が多くなる季節にはうってつけのドリンクです。

また、味にもこだわっており、炭酸系などのドリンクが多く、飲みやすいことも特徴です。

栄養ドリンクタイプ

栄養をとることよりも、疲れをとることに重点を置いたタイプが多いですね。

そのため、エナジードリンクタイプと比べるとカフェイン量は少なのですが、他の成分で滋養効果などが期待できます。

眠気覚まし一点重視タイプ

栄養ドリンクタイプとは違い、どうしても眠気を取りたいときにオススメなのがこのタイプのドリンクです。

全体的に容量が少ない事が特徴で、効率よくカフェインを摂取ができます。

 

管理人が選ぶ眠気覚ましドリンクランキング20選

めざまし天然水 ジンジャープラス

f:id:shikiyu:20170805231706j:plain

栄養成分 100mlあたり
エネルギー 21kcal
たんぱく質・脂質 0g
炭水化物 7㎎
ナトリウム 0.74㎎
糖類 0g

 

  • 新感覚カフェイン入りスパークリング天然水。
  • 眠気を覚ましたいとき、頭をスッキリ したいときにおすすめ。
  • コーヒー約2杯分のカフェイン
  • レモンとミントにさらにピリッと美味しいジンジャーをプラス
  • 強めの炭酸でさらなる刺激。
  • 原水は「高賀の森水」9年連続モンドセレクション最高金賞受賞、さらにiTQi(国際味覚審査機構)でも7年連続優秀味覚賞3つ星を受賞。

 

 

 

◆コンビニで手軽に買える眠気覚ましのドリンクとは

コンビニには様々な眠気覚ましドリンクがありますが、その名称と それぞれに含まれるカフェインの含有量をみていきましょう。

 

メガシャキ 100mg

眠眠打破  120mg

強強打破  150mg

モンスターエナジー缶 142mg

レッドブル 80mg

・ユンケル 50mg

・リポビタンD 50mg

 

このようにカフェインの含有量には差がありますが、その他の成分や、目的とする効果 自分が普段カフェインを摂るか摂らないかによって種類を変えると良いでしょう。

特に普段からコーヒーなども飲まない人であれば、それこそユンケルくらから始めるといいですね。

普段からカフェインを摂る人で、眠気覚ましドリンクを初めて飲む人などは レッドブルメガシャキあたりから始めてみるといいかもしれません。

◆まとめ

眠い時眠れるのが一番ですが、そうはいっても状況が許さない時もあります。 そんな時には散歩して新しい空気を吸いながら、体への活力を注入するしかありません。

カフェインは量に気を付けなければいけませんが、日本のものは そこまでバカスカ飲んでも致死量に至るような事は少ないでしょう。

海外では1缶最大375mgものカフェインを含有するものがあり、 そういったものを飲めば体が小さい人には中毒症状や致死量に至ってもおかしくありません。

体の健康に気を付けながら、危機的状況を乗り越えてくださいね。